トピックス

 

【ご確認ください】

弦鞍会 会員の皆さまへ

弦鞍会のデジタル化に向けてのメールアドレス等のご登録のお願い

 

 

    弦鞍会では、皆さまへお届けしています会報や総会のご案内、ご報告等を順次アナログからデジタルへ移行していく予定です。

 

 印刷費や郵送費の削減とともに、メンバーの親睦においてもフェイスブックやLINE等のSNSを充実させて、アナログでは難しかった相互のコミュニケーションもできるようにシステムを構築していきます。日本全国、海外でもすぐに繋がることができるデジタルのメリットを大いに活用し、年齢、時代は違っても、学生時代を関学馬術部で過ごした仲間として集うことができる充実した弦鞍会への改革を推進していきます。

 

 つきましては、下記の要領でメールアドレス等のご登録をお願いいたします。なお、個人情報につきましては弦鞍会事務局にて厳重に管理いたします。皆さまのご理解とご協力をお願い申し上げます。

 

 

①お名前、ご卒業年度をご記入の上、ご登録されるメールから弦鞍会のメールアドレス「genankai1930@gmail.com」に送信してください。

 ※できる限りPCメールでのご登録をお願いします。

 ※携帯メールでのご登録の場合はgenankai1930@gmail.comの受信許可設定をおこなってください。

 (携帯メール:@以降がdocomo.ne.jpやsoftbank.jp等の携帯会社名になっているメール)

 

②事務局より登録フォーマットをお送りします。

 

③必要事項をご記入の上、弦鞍会事務局にご返信ください。

 ※パソコンでのご記入をお勧めします。

 

④登録完了

 

 

よろしくお願いいたします。

 

 

 

 
 

2022年9月24日 

慶応義塾大学との馬術対抗戦が関西学院 馬場で開催されました

 

 

 

    9月24日、関西学院馬場にて慶応義塾大学との馬術対抗戦が開催されましたので結果を報告します

 

コロナ禍で3年ぶりとなった本対抗戦ですが、今年は関学での開催となりました開会式では両校の挨拶とともに恒例のペナント交換がおこなわれましたが、それぞれ温かみのある手作りのペナントで定期戦ならではの良さを感じました。

 

競技は障害飛越での3頭4名による貸与馬戦で、①各選手ごとの対戦の勝ち点の合計、②総減点の合計、③それでも決まらない場合はアウェイ側の勝利となります。まずは関学の選手たちが下乗りおよび馬見せをおこなって前段で騎乗、その後に慶応の選手たちが後段で騎乗がおこなわれました。

 

結果は①はお互いに勝ち点2づつ、②の総減点で ―34対-41と接戦の末に関学の勝利となりました。とはいえ、関学勢は地元開催で自馬の有利な条件ながら減点が多く、辛勝というのが正直な思いです。慶応の各選手は、初めて乗る馬ながらしっかりと馬を前に出しながらも安定した騎乗でレベルの高さを感じました。11月の全日本学生の大会で再会することとなりますが、お互いにいい結果につなげられることができればと思います。

 

   

関西学院大学・慶応義塾大学 馬術対抗戦

 

関西学院大学

勝点            減点

〇 1 山田さくら 月望  ₋  4

  2 荒古早彩  月颯  ₋  8

  3 佐々木玲雄 月柚希 ₋ 22

〇 4 矢川葉奈  月望   0

[2]                 ₋ 34

 

慶応義塾大学

勝点            減点

  5 高木さゆり 月望  ₋ 13

〇 6 田中亮   月颯  ₋  4

〇 7 友松円理  月柚希 ₋ 12

 

  8 庵原真季  月望  ₋ 12

[2]              ₋ 41

 

 

【団体成績】 

勝ち点 2対2

総減点 ₋ 34 対 ₋ 41

 

関西学院大学の勝利 

 

 

本日は連休にもかかわらず応援にかけつけてくださいましたOB・OGの皆さま、誠ににありがとうございました。残る試合は11月1日(火)~6日(日)の全日本学生馬術大会のみとなりました。三木ホースランドパークでの開催となりますので、たまには同期の皆さまにもお声がけいただき観戦に来ていただければと思います。OB・OGの皆さまの更なる応援をよろしくお願いいたします。

 

 

 

両校のペナントを掲げて記念写真

山田さくら(関学)×月望

荒古早彩(関学)×月颯

佐々木玲雄(関学)×月柚希

矢川葉奈(関学)×月望

高木さゆり(慶応)×月望

田中亮(慶応)×月颯

友松円理(慶応)×月柚希

庵原真季(慶応)×月望

試合の後はみんなで手入れ

絶好の試合日和でした

部旗も掲げて準備万端!

屋根の上の撮影班  西村くん。お疲れさまでした

試合後、ようやく一息。慶応の皆さんからいただいたお菓子をいただいています

 

2022年9月9~11日 

「全日本学生馬術選手権大会」「全日本学生馬術女子選手権大会」が北海道ノーザンホースパークにておこなわれ、中園選手と矢川選手が出場しました

 

 

 

    9月9~11日に全日本学生馬術選手権大会および女子選手権大会が北海道ノーザンホースパークにおいて開催されましたので結果を報告します

 

 本大会には、大学から馬術を始めながら関西の女子選手権で優勝した中園と同じく6位に入賞した主将の矢川の2名が出場しました。結果は残念ながらともに一回戦で敗退となりましたが、馬歴10年以上のベテランの選手たちが数多く出場する中で善戦してくれたと思います。

 

選手権大会は同じ馬に複数選手が騎乗して成績を競う貸与馬戦となりますが、わずか5分の準備運動で、初めて乗るその馬のクセを把握して競技に臨む貸与馬戦は自馬戦とは違った面白さがありますが、一方で難しさもあります。

 

今回、矢川は貸与馬の提供校の選手と同ブロックとなったり、中園は馬が競技場の雰囲気に馴れていない状況で一鞍目の騎乗となったりとアンラッキーな面もありましたが、ベテラン勢との実力差は否めなかったと思います。運不運も含めての選手権大会なので結果として真摯に受け止めたいと思います。

 

   

第58回全日本学生馬術女子選手権大会

  

【個人成績】

1回戦

Aブロック

3位 矢川葉奈   柏玄  54.912%

Eブロック

3位 中園さやか  柏蓮  53.333%

 

 

 

※ 選手たちのプロフィールです

https://r4sensyuken.wixsite.com/my-site/%E8%A4%87%E8%A3%BD-%E5%A5%B3-%E4%B8%AD%E9%83%A8

 

 

大会初日の夜にはレセプションパーティーが開催され、選手全員が壇上で自己紹介をおこなう等、競技前に出場の各校や大会関係者と懇親を深めることができたことも良い経験となったのではないかと思います。

 

また、本大会出場にあたって弦鞍会有志の方より寸志をいただきました。選手たちの慰労会の費用に充てさせていただきましたので、この場を借りてご報告させていただきます。誠にありがとうございました。

 

残る試合は9月24日(土)に関学馬場でおこなわれる慶応との定期戦と11月1日(火)~6日(日)に三木ホースランドパークで開催される全日本学生馬術大会となります。いずれも地元関西での開催となりますのでOB・OGの皆さまの更なる応援をよろしくお願いいたします。

 

 

 

矢川葉奈×柏玄

中園さやか×柏蓮

矢川葉奈×柏玄

中園さやか×柏蓮

競技前夜のレセプションパーティーで挨拶する関西選手団(矢川中園は右から3・4人目)

レセプションパーティーにて記念撮影

 

2022年8月27~28日 

「関西学生自馬馬術大会」が三木ホースランドパークにておこなわれ団体で優勝し、2連覇を果たしました

 

 

 

    8月27~28日に関西学生自馬馬術大会が三木ホースランドパークにおいて開催されましたので結果を報告します

 

 

初日は馬場3競技とジムカーナが開催されました。馬場Aでは岡×月輪と守屋×月颯が安定した騎乗で2位と4位に入賞。溝渕×月輪はオープン参加ながら2位の成績を超える得点率をたたき出しています。馬場Bでは上位3人馬を関学勢が独占。山田×月望が優勝を果たし、水野×月颯が2位、峯島×月颯が3位と続きます。馬場Cでも粥川×月颯が優勝し、馬場の全競技で他校を圧倒しました。岡、山田、粥川はいずれも1年生で今後の成長が楽しみです。

 

ジムカーナ競技は馬術未経験の今年度の新入部員たちが出場しました。先輩のサポートを受けながら経路をまわり、より規定に近いタイムを競います。30頭以上のエントリーがあった中、星川×月望が5位、山口×月颯が8位と入賞を果たしてくれました。

 

2日目。障害Aにはオープン参加でレギュラー勢が出場したものの2頭がまさかの失権、残る2頭も減点を出してのゴールで厳しい結果となりました。今後の全日本学生馬術大会に向けて良い意味で戒めとして意識してもらいたいと思います。障害Bではこれまで本調子ではなかった佐々木×月空が満点で完走。今後に期待です。また前回の試合で失権となっていた矢川×月望が落下で減点を出しながらもゴールを踏んで雪辱を果たしています。

 

上記の結果、関学は団体で優勝を勝ち取り、昨年に続いて2連覇を果たしました。馬場での大量のポイント獲得が勝因となります。

 

本大会で関西学生のすべての大会が終了となり、4年生のうち守屋、溝渕、峯島の3名は引退となりますが、11月の全日本学生に向けて仲間たちを支えていってもらいたいと思います。

 

最後になりましたが、応援に駆けつけていただきましたOB・OGの皆さまに心より御礼を申し上げます。誠にありがとうございました。

 

 

 

第54回関西学生自馬馬術大会

  

【団体成績】     pt

優勝 関西学院大学  35

2位 京都産業大学  27

3位 関西大学    20

 

 

馬場馬術競技A(L1)

2位 岡瑠璃    月輪  59.533%

4位 守屋凛    月颯  59.133%

OP 溝渕建太   月輪  59.800%

 

馬場馬術競技B(選手権馬場)

位 山田さくら  月望  58.860%

2位 水野響和   月颯  58.509%

3位 峯島愛実   月颯  58.158%

OP 矢川葉奈   月望  54.211%

 

馬場馬術競技Ⅽ(A2)

1位 粥川佳寿美  月颯  62.024%

   植松秀太   月輪  58.214%

 

ジムカーナ競技

5位 星川裕志   月望  2.53sec

8位 山口心暖   月颯  4.14sec

   赤倉希乙里  月輪  4.68sec

   谷木彰真   月望  4.70sec

   梶原傑    月輪   10.07sec

 

障害飛越競技A(MD)

OP 佐々木玲雄  月飛鳥  -4

OP 荒古早彩   月桜   -9

OP 横田華莉沙  月舞    E

OP 中園さやか  月悠    E

 

障害飛越競技B(LA)

OP 佐々木玲雄  月空    0

OP 矢川葉奈   月望    -16

 

障害飛越競技C(LC)

   山田さくら  月望   -4

   有澤律太   月柚希   E

   西村颯司   月柚希   E

 

 

 

 

恒例の表彰式後の記念撮影

関学勢で表彰台を独占!

馬場Bで優勝した山田×月輪。1年生です

馬場Cで優勝した粥川×月颯。こちらも1年生

馬場Bで2位となった水野×月颯

同じく馬場Bで3位の峯島×月颯。途中からの入部でしたが有終の美を飾りました

馬場Aで2位となった岡×月輪。こちらも1年生

安定した騎乗で4位入賞の守屋×月颯。4年間の有終の美を飾りました

オープン参加ながら2位を超える得点率を出した溝渕×月輪。4年間お疲れ様でした

デビュー戦のジムカーナで5位入賞の星川×月望。おめでとう

同じくデビュー戦で8位入賞の山口×月颯。おめでとう

表彰式(団体優勝で表彰状等と副賞を受け取るの図)

 

2022年7月17~18日 

「関西学生賞典障害馬術大会」および「関西学生馬術選手権大会」が

三木ホースランドパークにておこなわれました

「関西学生馬術女子選手権大会」で中園選手が優勝を果たしました

 

 

 

    7月17日に関西学生賞典障害馬術大会および関西学生賞典馬場馬術大会が、17~18日にかけて関西学生馬術選手権大会および女子選手権大会が三木ホースランドパークにおいて開催されました

 

 障害では関学から佐々木×月飛鳥の1人馬がエントリー。-30の減点があったもののゴールを踏んで個人16位の成績でした。

 

 選手権では溝渕が出場しましたが、残念ながら部班審査で予選敗退。女子選手権では矢川、荒古、中園の3名が出場。今回は準々決勝(馬場)からの開始となり、荒古と中園が同じブロックとなりましたが1.7ポイントの差で中園が準決勝に進みます。矢川はブロック2位で敗退となりました。準決勝(馬場)で中園は昨年の全日本学生女子選手権2位の立命館大学の大井選手と対戦しますが、ここでも0.2ポイントの僅差で勝ち、決勝(障害)では京都産業大学の殿村選手に減点3.2差で競り勝って優勝を果たしました。関学の優勝は2014年の大城選手以来で7年ぶりとなります。いずれも大学から馬術を始めた選手の優勝は非常に価値あるものと思います。なお、矢川が6位入賞、荒古は7位の結果となりました。

 

本戦への出場は関西学生馬術連盟の理事会で決定されることとなりますが、障害に佐々木、女子選手権には中園と矢川が出場する見込みです。

 本戦となる全日本学生賞典障害馬術大会は11月1~6日に三木ホースランドバークで、全日本学生女子馬術選手権大会は9月10~11日にノーザンホースパークにて開催されますので、引き続きの応援をよろしくお願いいたします。

 

最後になりましたが、応援に駆けつけていただきましたOB・OGの皆さまに心より御礼を申し上げます。誠にありがとうございました。

 

 

 

【競技結果】

第57回関西学生賞典障害馬術大会

 

[学生賞典障害飛越競技

 H-130以下/W-140以内)]

16位 佐々木玲雄 月飛鳥 -30 

 

 

第60回関西学生馬術選手権大会

 

予選(部班審査)

Cブロック

位 溝渕建太 ダンレアリー 58.594%

 

 

 第58回関西学生馬術女子選手権大会

 

準々決勝(選手権馬場)

ブロック

2位 矢川葉菜   杉颯  56.228%

 

Dブロック

1位 中園さやか  月颯  60.877%

2位 荒古早彩   月颯  59.123%

 

準決勝(選手権馬場)

Eブロック

1位 中園さやか  月颯  61.842%

2位 大井千帆   月楓  61.579%

 

決勝(障害)

1位 中園さやか  ヴェラ  -1.6

2位 殿村雅子   ヴェラ  -4.8

 

 

【個人成績】

優勝 中園さやか

6位 矢川葉菜

7位 荒古早彩

 

 

 

 

表彰式後の記念撮影

障害で完走を果たした佐々木×月飛鳥

女子選手権で優勝の中園(決勝にて)

6位に入賞した矢川(準々決勝にて)

わずかの差で7位となった荒古(準々決勝にて)

 

2022年7月9日 

関西学院大学 体育会 同窓倶楽部(KGAA)フェスタ

創立70周年記念総会、OBOG会長サミットに参加しました

 

 

 

    7月9日(土)、3年ぶりに関西学院大学 体育会 同窓倶楽部(KGAA)フェスタが上ヶ原キャンパスにて開催されました。第1部はKGAA創立70周年記念総会として馬術部からは10名が参加、第2部はOBOG会長サミットとして丸尾会長が参加しました。

 

第1部の70周年記念総会では、来賓の挨拶および各表彰の授賞式の後、アメリカンフットボール部 前監督の鳥内秀晃氏より「分業制スポーツにおける組織論」~自分で考える力~として記念講演があり、学生の育成のみならず、企業等においても社員教育の基本として考えさせられる価値ある内容でした。第2部では昨年度から始まったKGAD(関学競技スポーツ局)についての話がありました。

 

当日、KGAAフェスタの前には幹事会を開催し「弦鞍会のデジタル化」の進め方について議論を交わし、終了後は昼食会で懇談をとる等、コミュニケーションをしっかりと深められた一日となりました。

 

弦鞍会事務局ではOB・OGの皆さんの運営活動へのご参加をお待ちしています。遠方の方でもリモートでの参加が可能ですので、是非ともよろしくお願いします。

 

3年ぶりの開催となったKGAAフェスタ。第1部は70周年記念総会でした

アメリカンフットボール部前監督 鳥内秀晃氏による特別講演

図書館の時計台をバックに参加したOBと矢川主将で記念撮影

甲山を背景に、時計台と緑の中央芝生が映えます

イベントも終わってほっと一息、皆んなで楽しい昼食

無理をいってポーズをとっていただきました。ありがとうございました

 

ブログ更新しました(2022年7月9日)

 

 

     ブログ「馬術部の日常」を更新しました。最新の記事は以下より

 ご参照ください。

  「歌唱指導を行いました」

 

 

 

 

2022年7月2~3日 

「関西学生賞典総合馬術大会」および「関西学生複合馬術大会」が

三木ホースランドパークにておこなわれました

 

 

 

    7月3~4日にかけて、三木ホースランドパークにて関西学生賞典総合馬術大会および関西学生複合馬術大会が開催されましたので、結果を報告します

 

 総合では関学から過去最多に並ぶ6頭がエントリー。初日、炎天下で過酷な状況ながら、馬場では66~61%と全頭が高得点を出して団体2位と好調なスタートを切りました。しかしながら続く障害では中園×月悠は減点0だったものの残り3頭で落下により-50超と大きく減点を出してしまい、団体4位まで順位を下げます。

 

雨天となった2日目、ダービー競技でおこなわれたクロスカントリーでは主力の佐々木×月飛鳥が失権。ここで荒古×月桜は減点0、中園×月悠:-4、横田×月舞:-8で走行し、何とか3頭が完走、団体での結果は3位となりました。また個人でも中園×月悠は3位に入る健闘をみせてくれました。

 

 複合馬術大会では馬場Aで岡×月輪が3位、馬場Bでも峯島×月颯が3位、水野×月輪が5位入賞を果たしてくれました。以前と比べると部員も増えてきており、今後の若手の活躍も期待したいところです。なお、複合馬術大会の団体成績では5位という結果となっています。

 

 

【競技結果】

第65回関西学生賞典総合馬術大会

 

【団体成績】     総減点

優勝 関西大学    -131.5

2位 京都産業大学  -137.1

3位 関西学院大学  -158.1

 

 

[馬場(総合馬術1スター)

障害+クロスカントリー(ダービー)]

3位 中園さやか  月悠  -38.49

9位 荒古早彩   月桜  -54.85

14位 横田華莉沙  月舞  -64.68

   佐々木玲雄  月飛鳥 野外E

   溝渕健太   月柚希 障害E 

   矢川葉奈   月望  障害E

 

  

 第47回関西学生複合馬術大会

 

団体 5位

 

馬場馬術A(L1)

3位 岡瑠璃    月輪  56.667%

 

馬場馬術B(A2)

3位 峯島愛実   月颯  61.071%

5位 水野響和   月輪  60.357%

   植松秀太   月輪  53.572% 

 

障害馬術A(LA)

   山田さくら  月柚希  E

 

障害馬術B(LC)

   有澤律太   月柚希  -4

 

複合馬術

   西村颯司   月柚希 障害E

 

 

春学からの確実な成長を感じた今回の試合でしたが、11月に三木で開催される全日本学生馬術大会に向けて、各自の課題に引き続き真摯に取組んでいってほしいと思います。

 

最後になりましたが、猛暑の中、また台風が近づいて天候不良の最中、応援に駆けつけていただきましたOB・OGの皆さまに心より御礼を申し上げます。誠にありがとうございました。

 

後も皆さまの更なるご支援を是非ともよろしくお願いいたします。

 

 

 

戦い済んで、笑顔の表彰式

総合で3位入賞を果たした中園×月悠号

ダービー競技で減点0の荒古×月桜号

馬場で66%の成績を出した横田×月舞号

総合初出場ながら完走を果たした溝渕×月空号(オープン参加)

 

2022年4月17日

「情熱大陸」に月皚や月雅の預託先の養老牧場を運営されている

引退馬サポート「HORSE TRUST」が取り上げられました

 

 

4月17日(日)の「情熱大陸」(MBS系)で引退馬サポートチーム「HORSE TRUST」が取り上げられました。

 

こちらは鹿児島の霧島山麓で約140頭いる養老牧場を運営されていますが、関学馬術部からも過去に活躍した月皚や月雅が有志によって預託されているところになります。放送の中で現在31歳となった月皚も出ていました。

 

 

 

慶応大学馬術部100周年記念式典出席報告

 

 

35日に東京のグランドプリンスホテル新高輪にて慶応大学の創部100周年記念式典が行われました。関東支部長の靭が会長代理として出席しましたので状況をご報告します。会場は300名近い方が収容可能な非常に大きな宴会場で、来賓の方も慶應義塾塾長のみならず日本馬術連盟の千会長など錚々たる方々がご出席されておられました。

 

式典は慶応大学馬術部の部長である中嶋教授の挨拶で始まり、その後慶応大学馬術部のOB会である三田乗馬会会長である竹田氏のご挨拶の後、全日本馬術連盟の千会長、慶応義塾大学の伊藤塾長が祝辞を述べられました。

 

その後100周年記念行事として行われた、厩舎増築及び馬場全面改修のプロジェクトの説明があった後、馬術部功労者への感謝状の贈呈、最後は三田乗馬会副会長吉田氏の挨拶で締めくくられました。

 

三田乗馬会の会長はオリンピック選手で日本馬術連盟副会長でもある竹田氏、副会長は日本競走馬最大の生産者であるノーザングファーム代表の吉田氏であり、日本馬術会の巨匠でもあるお二人の威信を感じられる非常に大規模かつ華やかな式典と感じられました。この後に100周年を迎える本学にとって規模をそのまま真似ることは困難ですが、参考にすべき点は多かったかと思われました。

 

【会場全景】

【全日本馬術連盟千会長祝辞】

【会場に掲載された関学馬場での記念写真】